61.「元気に食べてますか?」@沖縄

2017年7月15日(土)に「元気に食べてますか?」@沖縄を開催しました。

「元気に食べてますか?」の活動は、

高齢者やその家族に低栄養の影響や食の大切さを

街中で医療者が直接伝えていくイベントです。

これまで、東京・巣鴨、名古屋・大須、岡山、西東京市、岡山、金沢

の6箇所で開催してきました。

今回は7回目の開催となります。

今回の主催者は、沖縄メディカル病院 副院長の吉田貞夫先生です。

サービス精神旺盛な吉田先生と地元スタッフのお陰で

イベントは成功裏に終了しました。

今回、夏の沖縄開催ということで

当初から街頭での活動は不可と判断していました。

那覇市保健所、首里公民館、那覇市総合福祉センターの3箇所で

開催することになりました。

案の定、当日は快晴そのものでしたので、室内開催で大成功でした。

事前に新聞、ラジオ、テレビニュースにも取り上げていただきました。

沖縄タイムズの記事です。

元気に食べてますか?@沖縄

それを観て、宮古島から来ていただいた方もいらっしゃいます。

有り難いことです。

ご参加いただいた皆さんにも好評のようでしたが、

全国からボランティアで活動に参加している医療人にとっても

たくさんの学びがありました。

病院や施設の外で、市民の方に直接医学知識を説明するのは

新鮮な感覚があります。

また、市民からの素朴でありながら実は本質的な質問に、

時にたじろぎ、時に質向上へのヒントをいただきながら

勉強させていただきました。

やはり日常と違うことへのチャレンジは

人間を成長させてくれるものです。

会場を見渡して印象的だったのが

足を運んでくださっている高齢者の殆どが女性であったという点です。

しかも皆さん、お元気におしゃべりをしていました。

お爺さんの姿は見かけませんでした。

女性のコミュニケーション能力は、年齢を重ねても衰えないことが分かりました。

ふと、高齢男性たちはどうしいているのだろうと心配になってしまいました。

元気に食べてますか?@沖縄

今回も全国から集まった医療人たちと

「WAVESこそ、これからの希望である」との想いを深くしました。

医療費は42兆円を越え、介護福祉費も10兆円を越えています。

課題先進国日本には閉塞感が漂いますが、

医療界から社会を変えていこうとする医療人たちとの交流によって

毎回、力がみなぎってくるのを感じます。

そんな「元気に食べてますか?」キャンペーンの2017年の開催予定は以下になります。

  • 8月5日 札幌
  • 9月16日 出雲大社
  • 10月21日 八戸
  • 11月3日 別府

お近くの方は、是非

高齢者の低栄養問題に挑戦しているオレンジの医療者集団を

応援しに来てください。

宜しくお願いします。

それにしても、沖縄の日差しは強かった…。

集合写真は夕方6時に撮ったものですが

写真からも日差しの強さが分かると思います。

沖縄 恐るべし。