06.「一国一城の主」

社会医療人の星

お気づきの方もいらっしゃると思いますが、
「草の根勉強会情報」コーナーを新設しました。

新コーナー設立を記念して、
今週は「草の根勉強会で、一国一城の主になろう!」と
いう話をしたいと思います。

医療界において、学術団体の果たす役割はかなり大きいと思います。

私が所属している日本静脈経腸栄養学会は2万人、
日本透析医学会は1万7千人の会員数を誇ります。

その理事長ともなれば責任は重大ですが、
学会を盛況にすることで医療界に、
社会に大きな貢献をすることができます。

もし貴方が理事長だったらと想定してみてください。

1万人規模の会員の皆さんと億単位の予算を使いながら
世の中に貢献できるのです。

いろんなアイディアが浮かんでくるのではないでしょうか?

ワクワクしませんか?

そして、「貴方にもそれが出来ます」と私が言ったら、驚かれますか?

草の根勉強会がそれを可能にします。

会津若松城

スケールこそ、多少違いますが
一国一城の主」となって、
医療界のために尽力する点は同じだと思います。

1万人規模の学会の理事長になるのは無理でも
自分の得意分野における草の根勉強会の
主催者になることは可能です。

貴方にその気さえあれば、
チーム医療フォーラムが貴方の夢実現を保証します。

私事で恐縮ですが、
2008年に一般社団法人チーム医療フォーラムを設立し、
代表理事として運営してきました。

苦労は尽きないのですが、
「一国一城の主」であることによって、
成長の糧を与えられています。

予想外の連続です(もちろん、良い意味で…)。

「一国一城の主」としてのアウトプットの場が
インプットの質を変え、人を飛躍的に成長させるのです。

これは間違いのない事実です。

社会医療人を目指す皆さんにも
ぜひ、「一国一城の主」となっていただきたいのです。

それは、自己成長を加速させますし、
手堅い社会貢献の道につながっていきます。

前回、安岡正篤氏の「一燈照隅、万燈照国」を引用しましたが、
草の根勉強会やその主催者は、
まぎれもない「一燈」なのだと思います。

大げさな話かもしれませんが、
私は、草の根勉強会によって
一億総活躍社会」が実現できると信じています。

まずは、皆さんの勉強会情報をこのメルマガにアップしてください。

現在、このメルマガは
1,000名の志を有する医療人に配信されています。

初めの一歩を始めてください。

勉強会情報募集!