86. WorldShift Kyoto Forum 2018

社会医療人の星

2018 年2 月4 日(日) 13:00 -18:00

京都芸術劇場 春秋座(京都造形芸術大学内)にて

WorldShift Kyoto Forum 2018 -まなぶ、つながる、うごく- が開催されます。

一般社団法人ワールドシフト・ネットワーク・ジャパンが主催する5年ぶりのイベントになります。

今週はそのご案内です。

私は5年前に東京・青山の国連大学で開催されたWorldShift Forumに参加して

その存在を初めて知りました。

「ワールドシフト」

― それは、アーヴィン・ラズロ博士やゴルバチョフ元大統領などが、

持続可能で平和な社会に向けて緊急提言を行ったことからスタートした、

世界的なムーブメントです。

実は、私はWoridShiftコミュニケーターの1期生です。

2014年10月31日には、WorldShift@チーム医療を千葉県松戸市で開催しています。

そんなWoridShiftコミュニケーターから見ても

今回の京都のイベントは必見だと感じています。

FBページから当日のプログラムを引用します。

■プログラム

ビデオメッセージ

・アーヴィン・ラズロ博士(世界賢人会議「ブダペストクラブ」創設者・会長/システム哲学者)

《 基調プレゼンテーション 》

・谷崎テトラ(一般社団法人ワールドシフト・ネットワーク・ジャパン代表理事/放送作家/京都造形芸術大学教授)

《 第一部 ・・まなぶ 》

ワールドシフト〜持続可能な社会を学ぶ

「環境」「経済」「社会」「テクノロジー」など、持続可能な社会に向けて、予測できない未来へ適合するための最新パラダイムを学びます。

モデレータ:谷崎テトラ

*「環境」のパラダイムシフト

AI(人工知能)と最適化社会、22世紀に向けた豊かさの形成

・佐藤正弘(東北大学准教授/環境経済学・情報経済論)

*「社会」のパラダイムシフト

民主主義とお金のシフト〜スイスのベーシックインカムとフルマネー運動

・佐々木重人(ライター/ダイレクトデモクラシー)

*「経済」のパラダイムシフト

新しい資本のシステム始まる〜信頼の資本主義とは?

・熊野英介(公益財団法人信頼資本財団 理事長/アミタホールディングス株式会社 代表取締役)

《 第二部 ・・つながる 》

学者、社会起業家、文化人、アーティスト・・。様々な分野における“ソーシャルシフト”のキーパーソンによるトークセッション。

「平和」「働き方・生き方」「メディアとコミュニケーション」の分野で、ワールドシフトの課題解決プランやヴィジョン、ロードマップを共有します。

モデレータ:並河進(株式会社 電通/クリエイティブディレクター)

*平和な社会へのシフト・トークセッション

・田中勝(文明哲学研究所研究員)

・丹下紘希(人間/映像作家)

*働き方、生き方のシフト・トークセッション

・兼松佳宏(勉強家/京都精華大学 特任講師)

・西村勇哉(NPO法人ミラツク代表理事/国立研究開発法人理化学研究所未来戦略室イノベーションデザイナー)

*メディアとコミュニケーションのシフト・トークセッション

(スペシャルゲスト予定)

《 第三部 ・・うごく 》

フォーラム全体をふりかえりつつ、未来志向の行動のきっかけづくりをします。こころの置き方、マインドセットをシフトし「学び」を深めます。

*学び方を学ぶ、学習学のワールドシフト

・本間正人(京都造形芸術大学教授・副学長)

*心のイノベーション

・伊藤東凌(建仁寺両足院 副住職)

*WorldShiftワークショップ

*エピローグ 本間正人×谷崎テトラ

■ファシリテーター

・本間正人(京都造形芸術大学教授・副学長)

・大江亞紀香(コア・クリエーションズ代表/ワールドシフトネットワークジャパン・ワークショップディレクター/心のシフト促し人)

このプログラムを見ているだけでも

ここ数年のWorldShift的な変化は指数関数的な進化であり、

テクノロジーの進歩に裏付けされて

益々加速していくことが予想されます。

今回の京都のイベントでは

参加することでその変化を自分の中に肚落ちさせることができると確信しています。

勿論、私も参加します。

実は私、コミュニケーターとして招待枠をいくつか持っています。

このメルマガを読んで参加したいと思われた方は下記にご連絡ください。

admin@teamforum.or.jp

先着順で招待枠のご案内を致します。

2月の京都で、世界潮流の大変革を体験しましょう!

社会医療人の星