71.「10年目のMEDプレゼンに向けて」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SNSフォローボタン

フォローする

社会医療人の星

2週連続でMEDプレゼンネタはどうかと考えましたが、

14人のプレゼン全てが本当に素晴らしく、

感動がおさまらないので

今週も同じテーマで書かせていただきます。

ご来場いただけなかった方にも、感動のお裾分けです。

9回目となるチーム医療フォーラム主催のプレゼンイベント

MEDプレゼン2017を9月24日、恒例の日本科学未来館で開催しました。

今年のテーマは、「この人を見よ」です。

言わずと知れた、ニーチェ最晩年の著作からの引用です。

オープニングの動画を特別に掲載します。

本人は至って真面目にやっています(首を動かし過ぎていました。反省)。

午前中、自薦プレゼンター5名による各8分間のプレゼンです。

毎年、自薦プレゼンターの中からお一人に

リクルートメディカルキャリアからアワードが授与されます。

今年の受賞者は、

大高美和さん(こどもでいさーびすにじいろ 管理者/管理栄養士)

障害のある子どもたちが子どもらしく育てる居場所を創る~共に生きる、共に育つ~

でした。

トロフィーと旅行券5万円分が授与されました。 (お子さんとの旅行、楽しんでください)

午後のメインプレゼンターのプレゼンは圧巻でした。

それはもう、プレゼン千本ノックのような刺激感満載でした。

内容は後日、動画編集後、サイトにアップしますのでご期待下さい!

でも、動画では絶対に伝わらない”熱”があるのです。

その熱を直接浴びて、

皆さんも「社会医療人」となりましょう!

さて、ご参加いただいた医療人から有り難いご意見をいただきました。

こういう場に一般市民が参加するととてつもなく価値が増すはず。

でも、それを実現するには東京は巨大すぎる気がする。

伝わるべき人に情報が届かない、という課題はどうしたら解決するのかな。

このご意見に激しく同意!!

原点に回帰させていただいたような気がします。

チーム医療フォーラムのミッションは、

「参加する医療で社会を良くする」です。

市民参加型医療(=真のチーム医療)の実現で、

いのちを大切にする社会を実現していくことを意味しています。

まさに原点回帰。

そして、先日、師を囲むメーリングリストにおいて

同志からいただいた3つのメッセージを思い出していました。

それは、「原点回帰」「草の根」「愛情とは関係性を絶たぬこと」です。

来年は10周年を迎えます。

これまでの医療者との関係性を保ちながら、

市民の皆さんの参加を全面に押し出した草の根のイベントに進化させたいと思います。

来年も宜しくお願いします。

さて、ここでMEDプレゼンの地方版の案内です。
MEDプレゼン秋田~秋の陣~at由利本荘

参加登録が始まりました。秋田も熱いですよ。

是非ご参加ください。

最後に、14人のプレゼンターの皆さん、司会の高崎美幸さん、浦田克己さん、

統括責任者の蓑手 哲さん、サブの小川晴久さん、

カメラマンの伊勢博美さん、楡金厚行さん、事務局長の本橋和子さん、

鈴木孝英さん、海老原英之さん、東葛クリニック病院の皆さん、

その他ボランティアスタッフの皆さん、そして、総合プランナーの梅澤庸浩さん

本当に有り難うございました。

この場を借りてお礼申し上げます。

また、来年もヨロチクです。